monoro
montage_top5

montage_top1

先日は、個人的に仲良くさせて頂いている、筒井(株)のマーさん事、筒井真樹さんから、MONTAGE(モンタージュ)に

自社の「ANDERSEN BAG」(アンデルセンバッグ)出品してるよ〜という案内を頂いたので、遊びに行ってきました♪

このMONTAGEという展示会、インテリア&雑貨主体で、非常にセンス良い展示会として有名で、また出展の枠もごくわずか。

なかなか出展する事が出来ないのですが、そんな狭き登竜門をアンデルセンバッグは通過して出品しているという時点で、かなりセンス良いブランドだと思ってもらえると思います☆

なかでも、僕も個人的に超!!お勧めしたいのが、今では入手困難なファブリックという、1692年創立のスエーデン王室御用達「エーケルンド社」のハンドメイドファブリックを使用したモデル♪

(詳しくはこちらへ→ エーケルンド×アンデルセンバッグ )

74998

 

テーブルクロスとして使用されている生地というだけに、しっかりとした織りで、しかし柔軟でぬくもりある素晴らしい素材を、

アンデルセンバッグのものづくりを融合させたようなモデルです♪

ほんと、ここのうちの商品には関心!させられます。

良いものづくりとは、こういうものを言います。日本の職人って凄いんです。これがジャパンクオリティです。

IMG_7123

 

「使えば使うほど良い=アンティークな精神は、展示会に出展されていた家具屋さんの一流品と良く馴染みます」

 

良いものを日本から。これはOROの精神と共通でして、そういった所から仲良くさせて貰っている訳です。

…という部分と!一番はマーさんと僕は、同じサンクチュアリを目指す「波乗り野郎」という本質も大きい部分です(笑)

結局そこか!という所に落ち着きましたが、アンデルセンバッグが気になるなあ〜という方は

是非、こちらまで足をお運び下さい&お問い合わせ下さい♪

 

北欧の匠

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-13

tel:03-5835-1977

IMG_7124

「アンデルセンバッグのコンセプトは、日常に溶け込む。いつもかたわらにいる存在…。ばっちり表現されています」